学びがいっぱい!ワーキングホリデーに行くならオーストラリア

top > オーストラリアのワーキングホリデーについて > ワーキングホリデーをしやすいオーストラリアでの注意点

ワーキングホリデーをしやすいオーストラリアでの注意点

ワーキングホリデーのメリットは働きながら海外で生活をすることができるという点です。オーストラリアでワーキングホリデーをおすすめするメリットは、オーストラリアは親日家の方が多くさらに治安も比較的良いため、はじめてワーキングホリデーをする人におすすめです。海外がはじめてでも住みやすい国です。オーストラリアではワークングホリデーの滞在では最長でも2年間ですが、ただ生活しているだけでは日本に帰国後に仕事が見つからないということになってしまいます。ワーキングホリデーを行う目的を持ちながら生活することが、のちに日本に帰国したあとへの糧へと繋がります。将来的に永住権の取得を検討している場合には、オーストラリアへのワーキングホリデービザを得る前に永住権へ繋がりやすい資格や経験を日本で積み重ねることが重要です。

ワーキングホリデーにてオーストラリア滞在中に見つかりやすい仕事は調理師や美容師です。ただし、英語がまったくできないと現地の方が経営するお店にて働くことが難しくなり、日本人が経営していて日本人が多く働いているお店で働くことになってしまいます。日本で生活するときと変わらない生活を送ることになるため、注意点として日常会話レベルぐらいに英語を身につけておくと現地の人と仕事をすることができます。日本の物価と比較するとオーストラリアは物価が高いため資金が不足して日本に帰国することになってしまいます。注意点としては仕事が比較的探しやすいオーストラリアであっても、資金は多めに用意していても損はないという意識が必要です。オーストラリアで働けるワーキングホリデーの期間は2年間ですが、1年目はバタバタと異国での生活になれるため忙しく、精神的な余裕は2年目に出てきます。

オーストラリアのワーキングビザは滞在中に農家で働くとビザがもう1年延長できる制度があります。セカンドビザともいわれていますが、約3ヶ月ほど働き農家の人にサインをいただいてABNナンバーを記入してもらってビザ申請をすることができます。どこの農家でも同じということはないため、セカンドビザを検討している場合には事前に確認が必要です。オーストラリアではワーキングホリデーで滞在している日本人が多くいます。出会いとしては満足がいくことが多いですが、日本人同士で集まってしまう傾向があります。安心ですし、日本人同士の情報としては貴重な情報もありますが、日本語で会話することになるため英語の上達は望めません。海外で仕事をして生活をしているという貴重な体験をしているからこそ、積極的に外国の方々と会話を楽しみ、イベントに参加するといったチャレンジをすることが大切です。

次の記事へ