学びがいっぱい!ワーキングホリデーに行くならオーストラリア

top > オーストラリアのワーキングホリデーについて > オーストラリアはワーキングホリデーに向いている

オーストラリアはワーキングホリデーに向いている

コアラやカンガルー、エアーズロックなど豊かな自然や動物などと出会えるオーストラリアは世界遺産として17か所も登録がある国です。ワーキングホリデーとしても有名な国で、滞在期間中には自由に行動することがえき、仕事だけでなく語学や資格の勉強をすることができます。観光旅行よりもさらに観光をゆっくりでき異文化交流もすることができます。オーストラリアは昔からさまざまな移民を受け入れているため、さまざまな文化が融合した独特の文化ができています。ワーキングホリデーで滞在することは、単一民族の日本人が一つの国で多くの異文化と触れることができる貴重な機会です。日本は世界的にみても治安のよい国ですが、オーストラリアは安全に生活を送ることができる国です。さらに衛生面でも医療面でも世界水準の国です。日本語が通じる病院が多く、水道水もそのまま飲むこともできます。


オーストラリアでのワーキングホリデーが人気

学生の方は、語学のスキルアップのために、海外に留学される方も多くいらっしゃいます。オーストラリアでのワーキングホリデーが人気となってます。理由としては、比較的住みやすい都市であることと、一年中温暖な気候であるということです。国土も国内の数十倍あるという巨大な都市であり、気候も冬は寒くてコートなどが必要になりますが、夏の時期は、40度を超えることもあるので、対策が必要となります。また、オーストラリアでの教育は、高い教育が保証されてるので、留学先として適しています。長期的に留学する方は、資金の方が不安になりますが、申し込まれる所で、留学や宿泊、仕事先など手配してくださいますので、自分で仕事先を見つけなくても安心ということです。オーストラリアは休日にバカンスを楽しんだりすることが出来るので、再度行ってみたいという方も多くいらっしゃいます。


オーストラリアの魅力とワーキングホリデーに関して

広大な自然の中で、働きつつ語学を学ぶことが出来れば最高です。そんな条件に当てはまるのは、オーストラリアを置いて他にはありません。日本人も多く住んでいますし、治安も日本と同じくらいに優れています。最も多い割合を占めているのが、ファームステイではないでしょうか。オーストラリアは牧場の数が多いですし、牛や羊とふれ合いつつ英語を学ぶことが出来ます。金銭面の心配をしなくて良いので、心を落ち着かせて学ぶことが出来るのではないでしょうか。ある程度の基礎は必要不可欠ですが、一年間腰を据えて勉強をすることで格段に英語力を上げることが出来ます。20代の若者が現地で学んで、日本に帰国をして国際貢献を果たすケースもあります。英語教師になる道もありますし、就ける職業の選択肢が増えるのもメリットではないでしょうか。自らの可能性を広げるのが、ワーキングホリデーです。

次の記事へ