学びがいっぱい!ワーキングホリデーに行くならオーストラリア

オーストラリアのワーキングホリデーの比較

日本の全く裏側に位置するオーストラリアは、親日家も多いですし、豊かな大自然に囲まれていて、ワーキングホリデーを行うには、快適な国だと言えます。フランスなどのヨーロッパや、カナダなどもありますが、日本人を受け入れてくれるこの国が一番お勧めです。

とは言え、この国の英語は、訛りがあると言われています。真剣に語学を学びたいのであれば、どのエリアが一番適しているのか、語学も大切ですが、英語を通して文化交流をするのが目的なのであれば、どのエリアがいいのか、色々な比較検討が必要です。

こちらのサイトは、ワーホリの目的を深く掘り下げて、その人その人の目的にあったエリアや、お世話してくれるホストの方をきちんと選別する事を促してくれるサイトです。行く前に利用して、参考にしてみると、きっと良い情報を得られる筈です。

AIC

公式サイトはコチラ

海外で語学を勉強したいと決心している人はオーストラリアの語学学校に行きましょう。AICでは、ワーキングホリデーの初心者のためにマニュアルがあります。マニュアルに沿って準備をすれば、他の人と一緒に行動することができます。

ワーキングホリデーの申し込み状況も調べることができるので、直前に予約をすることができます。自分のスケジュールを見比べながら予約が可能ということもあり、部活などで忙しい学生でも簡単にワーキングホリデーを満喫できます。

申し込みの流れも分かりやすく記載されているので、申し込みの途中で分からなくなってしまうことはありません。ワーキングホリデーに参加するために必要な無料相談会の予約状況も都道府県別に調べることができて便利です。

Kaplan International

公式サイトはコチラ

この【Kaplan International】はオーストラリアワーキングホリデーの情報を提供してくれます。たくさんの留学プログラムが用意されていて、目的にあった内容を選択できます。ジュニア留学プログラムもあり、12歳から18歳までの利用も可能です。

ビザについての質問も受け付けてくれ、申請に関する質問もできます。そのため、行き届いたサービスが展開されていて、安心して利用できます。また、自分の足で動くという姿勢が大切にされているため、フットワークが軽くなります。

満足できる情報量を提供してくれ、トラブルにもしっかりと対応してくれます。状況に応じた的確なアドバイスをもらえ、目的達成のための力強いパートナーとして支えてくれます。

アイエス留学ネットワーク(株式会社BLUEPOCKET)

公式サイトはコチラ

この【アイエス留学ネットワーク(株式会社BLUEPOCKET)】はオーストラリアへのワーキングホリデー留学のスペシャリストのサービスが提供されています。20年以上の実績を兼ね備えているため、ノウハウが確立しています。そのため、多くの信頼を獲得しています。

サービス形態はオーストラリア留学カウンセラーが留学に関する情報を提供してくれます。また、分からないことや疑問を気軽に質問できるため、安心して利用できます。そして、都市ごとの魅力や特徴も案内してくれます。

特典は希望に沿ったワーキングホリデー留学を提供してくれることです。オーストラリアを満喫でき、英語力が身に付きます。専門分野を習得するために専門学校に通ったり、大学院への留学もできます。

アイエス留学ネットワーク、ワーホリや語学学校の手続き代行、ホームステイの手配など。

留学デビュー★

公式サイトはコチラ

オーストラリアでワーキングホリデーをしたいと考えている方に向けて、留学デビュー★を紹介します。留学デビュー★では、そもそもワーキングホリデーとはどういったものなのかわからない方に向けて経験者からの生の声が掲載されています。そのため安心して始めることが出来ます。

また、インターネット上から面倒な手続きがなく簡単にワーキングホリデーや留学などに関連するパンフレットなどを取り寄せることが出来るため、現在仕事がある方でも気軽にオーストラリアに関連する情報を集めることが出来ます。

格安のワーキングホリデープランなども用意されているため、しっかりとしたサポートを受けながら安心してオーストラリアでのワーキングホリデーを成功させたいと考えている方に最適です。

ラストリゾート

公式サイトはコチラ

海外に憧れを抱いている人が多く、将来は海外で仕事をしたいと考えている人も多いです。ラストリゾートでは、初心者向けにビザに関する情報が記載されているので、出発前に慌てる必要はありませんし、長期間滞在することができます。

オーストラリアならではの滞在方法も説明しているので、他の国でワーキングホリデーをするよりもお得な情報を知ることができます。ワーキングホリデーだけではなく、仕事先の紹介もしていて海外で生活するにおいて役に立ちます。

現地で不安な状態にならないためにも、ラストリゾートでは様々な滞在スタイルを画像を使って説明しています。ルームシェアやホームステイの様子も画像を通して理解することができるので、現地にいるような気分になれます。

KRM

公式サイトはコチラ

語学留学をするときは、現地の様子が気になります。KRMは現地オフィスの様子がよく分かるように画像を取り入れて、予算やスケジュールが決められるので、安心して現地に向けて出発の準備を進めることができます。

オーストラリアでワーキングホリデーをするときも生活費や家賃の目安が明確に記載されていて、現実味がありますし、長期間滞在していても、おおまかな目安を決めることができます。オーストラリアが人気の秘密も理解することができて助かります。

留学費用が分かるだけではなく、現地で語学留学をしている人の体験談を直接聞くコラムもあって、親近感が増します。留学をしたらこのように現地で過ごしたら良いのかというサポートも受けることができて、前向きに留学を検討することができます。

オーストラリアにおいてのワーキングホリデーのおすすめ企業の特徴

オーストラリアのワーキングホリデーでは、スキルアップが望めることがおすすめ企業になります。語学の能力を高めながら、仕事が続けられることが理想的です。そのため、語学を使う機会がたくさんあることが条件になります。レストランバーなどのウェイターや日本料理店の調理師が該当します。特に日本系の飲食店で働くのであれば、日本語が求められる機会も多く働きやすいです。そのため、日本語も使える接客業がいいでしょう。理想的な働く場所に出会えるようにたくさんの企業の条件を確認することが大切です。目を通すことによって、企業の特性を見抜く力を養えます。そして、自分に何を与えてくれるのかを感じ取れます。仕事探しの手段は、現地の新聞や情報誌に目を通すことになります。その他にも、掲示板やインターネットによる検索なども一般的です。手堅い方法としては、直接店に履歴書に当たるレジュメを持ち込むという行動もあります。

収穫時期の農業や繁忙期の牧場もお勧めになります。作業をする中で必要な能力を身に付け、語学力も研鑽できるでしょう。そして、家政婦やベビーシッターも、作業をする中でコミュニケーションを要し生きた語学習得ができます。最初のうちは語学能力をあまり必要とせず、徐々に磨いていくことがベストです。最初から多くを求めすぎてしまわないように、注意が必要なのかもしれません。まずは、海外滞在費用の足しとなるバイトをする程度の感覚で気軽にスタートさせるといいのではないでしょうか。気負いすぎてから回りしないようにすることがポイントになります。周囲との連携を深めていくことを、忘れないようにするといいのかもしれません。日本とは違い終身雇用制度が浸透していないので、働きだしてから育てる間隔があまりありません。そのため、自分の能力を伸ばしていくことが先決です。

語学力に自信があれば、銀行関係の窓口職員や企業の会計士という選択肢もあります。日本語教師や語学学校のカウンセラーというケースもあります。自分がやりたいことや得意なことをしっかりと主張して、たくさんの信頼を獲得する必要があります。多くの人に愛されるための人間力を高めることも大切になります。また、面接での売り込みも効果的で、使いやすい即戦力の人材であることをアピールすることが賢明です。きちんとアピールすることで魅力を感じ取ってもらえ、一緒に働きたいと思ってもらえるのかもしれません。面接の場では自分という商品を売り込み、商談を成立させるぐらいの気持ちで向かうといいのではないでしょうか。自己アピールすることで魅力を伝わり、どうしても欲しい人材であるとイメージしてもらうことが必要です。